ヘアケアの未来は何処へ向かうのか?キーワードは「濃密」