環境破壊と安全対策 – 内容成分へのこだわりだけでは、安全対策とは言えません