トリートメントを使い続けても美髪には近づかない「偽りのダメージケア」